日焼け予防に効果的なUVカットの塗り方!間違うと効果が低下!

目安時間:約 4分

hiyake

 

年々、紫外線が強くなってきているようです。

 

紫外線に当たると 日焼けするだけじゃなく たるみ、シミ、しわの原因にもなりますよね。

そこで、UVカットなんですが

間違った使い方をすると UVカットの効果が低減してしまいます。

 

正しくUVカットを塗って 日焼けと、老化を防ぎましょう!

 

  

スポンサーリンク

 

日焼け予防に効果的なUVカットの塗り方

 

女性にとっては、大敵の 「たるみ、シミ、しわ」いわゆる老化現象ですよね。

これって、紫外線の影響が8割なんです。

 

 

そこで、みんなUVカットを塗って お出かけするのですが

UVカットの効果をちゃんと発揮する 正しい塗り方があるのです。

 

 

それは、「出かける30分前に塗ること」

 

 

日焼け止めを、肌に塗って 日焼け止めの有効成分が

効果を発揮できる状態になるのに

20分~30分くらいかかります。

 

 

肌の角層に浸透するのに、約30分かかるのです。

浸透する前に外に出てしまうと 効果が弱くなってしまうのです。

 

 

そして、出来れば 外にずっと出ている時などは

2~3時間に1度は、重ね塗りをしましょう。

 

 

 

完璧な日焼け止めの注意点

 

しっかりと日焼け止めをすると、美容的には安心ですね。

しかし、UV時カットをよく使い 完璧に紫外線対策をしていると

 

 

太陽光の紫外線に当たらないと

ビタミンDが体内で 形成されず、

カルシウムの吸収が悪くなり 骨格の発育にも良くないのです。

 

 

なので、食べ物から ビタミンDを補うようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

ビタミンDを多く含む食品

 

ビタミンDを摂取できる食品は、あまり多くないのですが

魚類には、多いです。

 

 

かわはぎ、さけ、ます、にしん、うなぎ、しらす干し

からすみなどは特に多くのビタミンDが含まれます。

 

 

魚類以外だと、きのこ類のきくらげやまいたけ、

卵の卵黄やピータン、鴨肉やすっぽんなど。

 

 

この暑い夏は、うなぎがいいですよね。

また、しらす干し(ちりめんじゃこ)は 少量でも、

ビタミンDの含有量が高いので

食べやすいかもしれません。

 

 

 

 

日焼け止めのまとめ

 

UVカット剤は、正しく使って

効果的に紫外線から肌を守りましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集