一つ考えたら一つ忘れる!記憶力が悪いのはなぜ?改善策はある?

目安時間:約 4分

kioku1

 

メガネを取りに、寝室へ行ったら

脱いだパジャマが目に入り

 

「洗っておかなくっちゃと、洗濯機へ。」

 

メガネの事は、すっかり忘れてる。

そしてまた、取りに行く。

 

一つの気になる事が起きると、一つの事を忘れてしまう。

なんてことは、ありませんか?

 

あるものを鍛えれば 物忘れは、自力で改善できるのです。

物忘れの改善方法をご紹介していきます。

 

  

スポンサーリンク

 

一つ考えたら一つ忘れる!

 

40代過ぎたら、ちょっと記憶力が・・・。 って、

心配になる事がありませんか?

 

芸能人の顔は思い出すのに、名前が出てこない。

映画のタイトルが出てこない。

40過ぎあるあるですね。

 

そんな物忘れの中でも、コンロの火をつけているのに

ちょっとお湯が沸くまでと、他の事をしていたら

 

コンロの火をすっかり忘れていた。

なんてこと 実は、私はよくあることなのです。

 

 

記憶力が悪いのはなぜ?

 

こうした物忘れは 脳の前頭前野にある

 

「ワーキングメモリ」

 

という 機能が関係しているのです。

 

 

いわゆる、記憶を置いておく作業台のようなものです。

この、ワーキングメモリ(作業台)が小さいと

複数の記憶を置いておくことが出来ないのです。

 

 

何かをしている時に、複数の記憶を 一時的に置いておくものですね。

この機能が低下すると、日常生活に 困難が生じてくるのです。

 

鍋に火をかけたまま、別の部屋に探し物を 取りに行って、

ずっと探しものをする。

 

 

作業台が小さいと、記憶が乗り切らず 落ちてしまうので、

「鍋に火をかけている」という記憶が 落ちてしまって、忘れてしまうのです。

 

 

仮に、作業台が大きくても

ショックな出来事とか、大きな悩み事なんかがあると

他の記憶が、落ちてしまう事もあります。

スポンサーリンク

 

 

kioku2

 

 

物忘れの改善策はある?

 

ワーキングメモリは、4歳頃から伸び始め

その後、ゆるやかに成長していきます。

 

小学校高学年にると、大人と変わらないくらい 成長しています。

 

ピークは、20歳~30歳で、40歳を越えると

ゆるやかに低下していくのです。

 

 

でも、このワーキングメモリは、努力次第で鍛え、改善できるのです。

 

その方法とは 「笑顔で生活すること」

 

 

なんだ、そんなこと?って、思われるかもしれませんが

効果は、一時的なものではなく

 

長いもので、1年は続くと言われています。

 

逆に、悩んだり辛い思いをしていると

ワーキングメモリが劣化していくのかもしれません。

 

 

 

物忘れのまとめ

 

おかしくないのに笑えない。

楽しくないのに笑えない。

 

って、言う人は 先ずは、作り笑いでもいいので

大声で「ワッハッハッ」と笑ってみましょう。

先に笑う事で、笑いたくなるような 楽しい事が、引き寄せられてきますよ。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集