熱中症が起こる原因は?高齢者がなりやすいのはなぜ?防ぐには?

目安時間:約 6分

nett

 

熱中症が一番心配になるのは

気温や湿度が、高くなる時です。

 

梅雨明けや、梅雨の晴れ間など

急に暑くなる時期が、特に心配になります。

 

熱中症が起こる原因と高齢者がなぜ、なりやすいのか?

また、それを防ぐにはどうしたらいいのかをお伝えしていきます。

 

  

スポンサーリンク

 

熱中症が起こる原因は?

 

熱中症は、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり

発汗などによる、体温の調整機能が

うまく、働かなくなって起こる症状です。

 

熱中症になると、めまいや吐き気

頭痛などの症状が出ます。

 

重症になると、けいれんや意識障害が起こります。

特に、高齢者や子どもが重症化しやすいので 注意が必要です。

 

 

熱中症が起こりやすい環境

 

気温が高い

28℃以上になると、注意が必要です。

 

湿度が高い

湿度が高いと、汗が蒸発できないので 体温が下がらない。

 

風が弱い

日差しが強い 閉め切った室内 冷房のない場所

 

熱中症が起こりやすい人

 

  • 高齢者や乳幼児
  • 肥満の人 持病がある人(糖尿病・心臓病など)
  • 栄養不足の人
  • 寝不足の人
  • 暑さに慣れていない人
  • 下痢、脱水状態の人
  • 二日酔いの人

 

「健康状態でない人、免疫が低下している人」ですね。

 

 

熱中症が起こりやすい行動

 

    • 慣れない運動をする
    • 激しい運動をする
    • 長時間の屋外作業
    • 水分補給ができない状況

 

熱中症は、屋内でも 夜間でも、起こります。

 

 

 

高齢者が熱中症になりやすいのはなぜ?

 

 

水分不足

体内にとどめておける水分量が 少ないため、脱水状態になりやすい。

 

調節できない

加齢により、汗をかきにくくなるため 体に熱がたまりやすい。

 

暑さを感じにくい

加齢により、暑さや のどの渇きを感じにくい。

 

無理をする

暑いと感じても、周囲への 遠慮などから我慢してしまう。

 

 

 

熱中症を防ぐには

 

 

こまめに水分をとる

入浴前後、運動前後、就寝前など。

枕元にも、飲み物を置いておく。

 

 

入浴の温度は低めに

40度以下のぬるめのお湯で長湯は、しないようにする。

 

 

室内の気温と湿度

エアコンと扇風機を上手に活用する。

スポンサーリンク

 

夏の夜就寝時に扇風機があればエアコンいらない?タイマーは?

 

 

外出と服装

涼しい服装で過ごす。 日傘、帽子などを利用し

直射日光を避ける

できるだけ、日中の暑い時間の外出は避ける。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【もれなくP10倍★7/27 6:00〜7/30 1:59】 敷きパッド 冷却マ...
価格:4990円(税込、送料無料) (2017/7/28時点)

 

 

熱中症のまとめ

 

いつ、熱中症になるかわかりません。

緊急時の連絡先などを 携帯しておくようにしましょう。

無理をしないようにしまようね。

 

 

1.熱中症になりやすい人の特徴は?症状は?予防で気を付ける事は?

2.夏の夜エアコンつけて寝るのは体に悪い?温度は?タイマーは必要?

3.夏の夜就寝時に扇風機があればエアコンいらない?タイマーは?

4.子供が熱中症になったお風呂に入ってもいい?水風呂に入れるのは?

5.暑い所でめまいや吐き気を感じたら?症状別の応急処置は?

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集