パラインフルエンザにかかりやすい人は?インフルエンザとの違いは?予防は?

目安時間:約 4分

kodomo1

 

最近、パラインフルエンザウイルスで集団感染が 確認されました。

パラインフルエンザウイルスとは どんなウイルスなんでしょう?

 

また、どんな人にかかりやすのか、

インフルエンザとの違いも併せて、 ご紹介します。

 

  

スポンサーリンク

 

パラインフルエンザウイルスにかかりやすい人は?

 

 

パラインフルエンザとは、夏風邪の原因となるもので

乳児、幼児、高齢者などの免疫力が低下している人が

感染しやすいと 言われています。

 

 

大人にとっては、軽い風邪の原因となる パラインフルエンザでも

乳児が感染してしまうと 重症化してしまう可能性があるので

注意が必要になります。

 

 

感染力が強く、集団感染する可能性がありますので

パラインフルエンザにかかった場合は

幼稚園などは、お休みしましょう。

 

 

また、 喘息の乳幼児は、呼吸困難が強くなったりと

突然悪化する場合もありますので

特に、注意が必要となります。

 

 

 

パラインフルエンザとインフルエンザの違いは?

 

「インフルエンザ」という名前がついていますが

インフルエンザウイルスとは別の種類のウイルスで

風邪の一種だといえるでしょう。

 

 

普通のインフルエンザは、冬に流行しますが

パラインフルエンザは、冬以外でも かかる、感染症なのです。

 

 

そして、 パラインフルエンザは、4タイプありますが

感染力が強く、肺炎・細気管支炎の原因になるウイルスです。

 

ほとんどの子が感染するのが、耳下腺炎を起こすこともあるウイルスです。

 

 

 

パラインフルエンザの予防は?

 

非常に感染力の高いウイルスですので

うがいや手洗いなどを徹底しましょう。

 

スポンサーリンク

 

正しい手洗い、うがいの仕方はこちら

感染予防に効果的な正しいうがいと手洗いの方法は?その効果は?

 

 

また、出かける時はマスクをするようにしましょう。

大人は、ただの風邪ですみますが

 

乳幼児は、重症化する危険性があるので

病院へ受診することをおおススメします。

 

 

 

パラインフルエンザまとめ

 

年齢が上がるほどに、症状は軽くなりますが

型がいくつもあり、何度も感染を繰り返す可能性があります。

予防が一番大切です。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集