体が疲れすぎて眠れない!育児疲れで動けない時の対処法は?

目安時間:約 6分

ikuji

 

赤ちゃんを育てるのは、大変ですよね。

近くに親や姉妹がいれば

たまに預けることも できるかもしれませんが

一人だと大変です。

 

そんな育児疲れで、眠れない

また、体がきつくて動く気力がない時の対法を

併せて、ご紹介していきます。

 

  

スポンサーリンク

 

体が疲れすぎて眠れない!

 

疲労感がたまりすぎると

かえって眠れない場合もありますよね。

では、「疲労」とはどういうことなのか。

先ずは、「疲労」の原因を知っておきましょう。

 

本当の疲労の原因

 

今、日本では疲労大国とよばれ

健康問題で深刻になっているようです。

 

疲れの原因を突き止めるための研究も、行われています。

その結果、疲労の正体が明らかになったのです。

 

運動や肉体労働など 体を動かしての疲労は、

筋肉がダメージを 受けていると、思われていましたが

実際に、疲労が生じているのは 筋肉ではないのです。

 

「赤ちゃんを抱きすぎたから」とか

「赤ちゃんの面倒を見ながら 家事で、動きすぎたから」とかでの

筋肉のダメージでは、ないのです。

 

大量のエネルギーを使うと

体内に、活性酸素が大量に発生します。

 

疲労感は、この活性酸素が

脳にある、自律神経の中枢に ダメージを与えることで起きるのです。

 

 

また、「イヤー!」って思うようなこと。

心の中で 「イヤー!、自由が欲しい!」

「なんで、私だけキツイ思いをするの!」って

 

 

心の中でさけんでいませんか?

 

そう、「イヤ!」って、心の中で叫ぶだけでも

活性酸素は、大量に発生してしまうのです。

 

 

心をやすめる

 

「疲労」の原因が、身体ではなく

大量発生した、活性酸素が原因だとわかりました。

 

では、この活性酸素が 大量発生しないようにするには

疲れた体を休めるのも大切ですが

 

 

あなたの「ココロを休めましょう。」

あなたは、すっごく頑張りすぎてしまったのです。

ダラけた生活を勧めているのではありません。

 

 

ちょっと、家事を手抜きしても いいのではないでしょうか?

 

子供は、すぐに大きくなってしまいます。

うちの子供たちも あっという間に成人してしまいました。

スポンサーリンク

 

 

 

今のその時期は、今しか味わえないのです。

 

 

私は、時々思うのです。

もう一度、1時間でいいから

「赤ちゃんの時期に戻って欲しいなぁ~。」と。

 

 

その時は、必死でしたし

早く大きくなってほしいと、思っていました。

 

 

でも、その時その瞬間って 本当に大切な時間なんです。

 

 

今のその時期は、今しか味わえないのです。

 

 

子供との時間をもっと楽しいものにしましょう。

お母さんがの気持ちが ゆったりしたら、

その波動が子供に伝わって、とってもいい子になるんです。

 

 

お母さんと子供は、へそのおを切っても

つながっているのです。

不思議ですね。

 

 

「大変だ!」と思う事を 今しか、体験できない事

今しか、この時期は体験できない事と思い

育児を逆に、楽しんでみてください。

 

 

活性酸素の大量発生を防ぎ

きっと、ぐっすり眠れるようになるでしょう。

 

 

体も、元気になってくるでしょう。

あなたの心に余裕ができたら

赤ちゃんの笑顔が、あなたの癒しになります。

 

 

 

疲れの根本を除去するために

 

アミノ酸結合体で、「イミダゾールジペプチド」がります。

「ためしてガッテン」「本当は怖い家庭の医学」等でも 紹介されました。

 

渡り鳥が2週間以上も休むことなく、飛び続けることができるのは、

この 「イミダゾールジペプチド」のおかげだと言われているのです。

 

 

「イミダゾールジペプチド」には、優れた抗酸化力があり

活性酸素による、酸化ストレスを遠ざけることが できるのです。

 

 

「イミダゾールジペプチド」を摂取すると、

体内で いったん、分解され「ヒスチジン」「β‐アラニン」という

2つのアミノ酸になり、脳に運ばれたあと

再び、合成されパワーを発揮します。

 

 

疲れの根本を解消するために

取り入れられてもいいかもしれませんね。

 

 

 

育児疲れのまとめ

 

今の時期は、少しです。

ご自分の体をいたわり、ちょっと心の変換をしてみて くださいね。

育児が楽しくなりますように。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集