加齢臭は食べ物も原因の1つ!若くても臭う?防ぐための食べ物は?

目安時間:約 4分

noi

 

加齢臭っていうだけあって

歳をとると、臭いやすくなってきます。

 

だいたい40歳過ぎたらと言われています。

 

しかし、ある状態になると

若くても加齢臭がするようになるのです。

 

また、食べ物でも加齢臭がひどくなったり

逆に、予防できたりと影響します。

加齢臭を予防できる食べ物についても 併せて、ご紹介していきます。

 

  

スポンサーリンク

 

加齢臭は食べ物も原因の1つ

 

加齢臭の成分である「ノネナール」

若い頃には、なかった脂肪酸と 過酸化脂質が結びついて

「ノネナール」ができます。

 

 

この脂肪酸の分泌を高めるのが 動物性の脂肪です。

鶏皮なんかが最も多いですね。

 

焼き鳥なんかだと、鶏皮は とっても美味しいのだけれど

加齢臭の原因になるのでしたら

控えた方がいいようです。

 

ただし、魚の脂は中性脂肪を増やしませんので

どんどん食べても大丈夫です。

 

 

加齢臭とお酒の関係

 

体臭は、色んな臭いが混ざったものです。

アルコールは、全ての臭いを より強くする作用があります。

 

なので、お酒を飲むと 本来の加齢臭は、たいしたことなくても

アルコールのせいで、臭いがキツくなってしまいます。

 

 

若くても加齢臭がする場合

 

太っていると、若くても臭いやすくなります。

何故かというと 太っていると、脂肪が断熱材の役割をするため

スポンサーリンク

熱が、体外に放出されずに 汗をかきやすくなります。

 

太った人って、汗をいつもかいていますよね。

皮脂は皮脂腺から、汗は汗腺からと 別の所から出るので

関係なさそうですが

 

皮脂と汗は、連動して出やすいのです。

なので、太っている人は 臭いやすくなるのです。

 

 

 

加齢臭を防ぐための食べ物は?

 

加齢臭の成分である「ノネナール」 この「ノネナール」を作る材料の1つである

過酸化脂質は、体内で活性酸素が大量に発生した時に増えます。

 

なので、活性酸素を抑える抗酸化食品を 摂っていきましょう。

赤ワインに含まれるポリフェノール

いちごなどのビタミンCは、

 

抗酸化作用があります。 お酒を飲むなら、

赤ワインがいいかもしれませんね。

 

めかぶに含まれる食物繊維にも 動物性脂肪の吸収をブロックしてくれて

中性脂肪を抑える働きがあります。

 

みそや豆腐などの大豆製品の 大豆イソフラボンや大豆サポニンには

抗酸化作用のある物質が含まれています。

 

 

 

加齢臭のまとめ

 

食事だけでなく、ストレスも 過酸化脂質を増やす原因となります。

ストレスは、溜めないようにしましょう。

 

 

1.加齢臭はいくつからどこから臭う?予防と対策で効果的な体の洗い方

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集