夏の赤ちゃんのジュクジュク湿疹肌の対処法は?日々のケアは?

目安時間:約 3分

aka

 

暑い夏、赤ちゃんのジュクジュク湿疹肌は

見ているだけでも可哀そうになってきますよね。

 

年中、真っ赤になった火傷のようなアトピー肌

汗をいっぱいかく暑い夏では どのように対処すればいいのでしょうか?

また、日々のケアをご紹介します。

 

  

スポンサーリンク

 

夏の赤ちゃんのジュクジュク湿疹肌の対処法は?

 

赤ちゃんは、とっても汗かきです。

大人に比べると、基礎体温が とっても高いのです。

 

汗は、こまめに拭いてあげるようにしましょう。

汗をそのままにしておくと

 

かぶれたり、感染症をおこしたりして 悪化してしまいます。

いつも清潔にしてあげましょう。

 

赤ちゃんの汗が溜まりやすい

肘や膝の裏や首回りなども 気を付けてあげましょう。

 

患部は、かきむしると そこから菌が入り

感染症を引き起こしてしまいます。

赤ちゃんの爪は、切っておきましょう。

 

 

ジュクジュク湿疹肌のケアは?

 

しっかり、ケアをすることで

ジュクジュク肌の悪化を防ぐことができます。

 

 

入浴時のケア

 

お風呂では、低刺激な石鹸を使いましょう。

ジュクジュク肌も、キレイに洗ってあげなくては なりません。

スポンサーリンク

 

ゴシゴシこすらずに、手で優しく洗いましょう。

入浴後は、ベビーオイルなどで しっかりと保湿をしましょう。

 

患部のジュクジュク肌には オイル系がおすすめなのです。

 

 

 

タオルで冷やす

 

赤ちゃんが、かゆがる時は

冷やしたタオルで、冷やしてあげましょう。

かゆみが治まります。

 

お出かけの時も、冷やしたタオルを

保冷バックに入れて

持ち歩くようにしましょう。

 

 

 

お母さんの食事

 

まだ、母乳の場合は お母さんの食事も大切です。

お母さんが、赤ちゃんのアレルギーの原因になる食べ物を

なるべく食べないようにしましょう。

 

病院で、血液検査をすると

卵だとか、小麦だとか、ゴマだとか 原因がわかるはずです。

 

 

 

まとめ

 

肌着や衣服の他にも

シーツなどの寝具、タオルなども 清潔なものを使いましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集