中村獅童もなった肺腺癌の原因と症状は?どんな人がなりやすい?

目安時間:約 4分

hai

 

中村獅童さんが、初期の肺腺癌だと

公表されました。

 

「肺腺癌」とはどんな病気なのでしょうか?

原因と症状、また、かかりやすい人

予防についてご紹介していきたいと 思います。

 

  

スポンサーリンク

肺腺がんの原因と症状は?

 

肺がんは、部位によって 4つに分かれています。

 

1.大細胞がん

2.扁平上皮がん

3.小細胞がん

4.肺腺がん

 

肺の端っこにできる癌が 「肺腺がん」と、言われています。

そして、この「肺腺がん」は 4つの肺がんの中で

一番多い癌だと 言われています。

 

 

肺腺がんの原因は?

普通、肺がんと喫煙の関係は 昔から言われています。

「タバコを吸ったら、肺癌になるよ!」って よく、聞いていましたよね。

 

喫煙者は、肺がんになる確率が 非喫煙者より

10倍くらい リスクが高くなると、言われています。

 

 

しかし、この「肺腺がん」だけは

喫煙との関係が、あまりないと いう事なんです。

まだ、原因はわかっていないようです。

 

 

肺腺がんの症状は?

初期の段階では、症状がみられないそうなんです。

カラ咳が出るとかも、言われていますが

咳が出たから、肺がんか?と、なれば 別ですので

非常に分かりづらいようです。

 

ほとんどの方が「無症状」だったようです。

中村獅童さんが、今回早期で発見できたのは

人間ドックで、見つかったそうです。

スポンサーリンク

 

なかなか発見されにくいものなので

獅童さん本人も「奇跡的」と言われていました。

 

 

肺腺がんを早期発見するには?

 

レントゲン写真では、見逃されるケースが 多いようです。

早期で発見するには 胸部のCTスキャンが必要になってきます。

 

しかし、通常の人間ドックの胸部CTは

1cm単位のものしか見れないようです。

 

なので、癌がもっと小さかったら

見れないかもしれないのです。

 

なので、獅童さんの直筆FAXで

「今見つかったのが”奇跡的”と言われる程の 早期発見」と、

書いてあったのです。

 

CT検査は、定期検診では オプションになりますが

きっちり調べてもらった方が安心ですね。

 

 

 

肺腺がんはどんな人がなりやすい?

 

肺腺癌になりやすい人は 40歳を超えた、女性がなりやすいそうです。

男性が40%に比べ、女性が70%と、なっています。

女性ホルモンの関係では?とも言われているようですが

定かでは、ないようです。

 

でも、今回は男性でもなっていますので

定期的に、検診はしっかりやっておきましょう。

 

 

まとめ

 



あまり、気にしすぎるのもよくありませんが

毎年、検診はしっかり受けて

オプションも考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集