手足が冷えて眠れない!寝る前の体温が高いのは?解決策は?

目安時間:約 4分

0-01

 

冷え性の人は、季節構わず手足が冷えています。

そんな冷え性の女性が、増えてきています。

 

あなたは、どうでしょうか?

私は、手足が冷たくなって

たまに痛くなる時もあるほどです。

 

夜、手足が冷えて眠れなくなったりもします。

では、どうすれば冷え性を改善し

ぐっすり眠れることができるのでしょうか?

 

  

スポンサーリンク

 

寝る前の体温が高いのは?

 

入眠時には睡眠中に様々な神経の回復や

ホルモンバランスを整えたり

筋肉疲労を回復させたりするために体温を下げます。

 

体内の深層部(直腸温度)では、体温が低下し、

一方では、手足の末端から放射熱が促進されます。

 

手足の先などから体熱を放出するんですね。

 

赤ちゃんって、眠る前体温が上がりませんか?

眠っている時は、身体の深層部の体温は

どんどん下がっていきますが、その分、表面の熱は上がるのです。

 

眠れないのは、その「体温の移動」が行われないからなのです。

中心部から、末端への体温の移動がないと眠れないのです。

 

熱の放出がスムーズにいかないと

「手足が冷たくてなかなか眠れない」ということになるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

冬山で遭難

 

では、身体の中で一番大切なトコロはどこでしょうか?

心臓? 腎臓? 脳?・・・何だと思います?

 

実は、「おなか」  なんです。

 

冬山で遭難すると「寝るな!」って、起こしますよね?

あれって、冬山などで遭難して 身体が極限まで冷やされると

最終的に血液を 「おなか」に集めるのです。

 

・・・ということは、おなかに十分な血液が行かないと

身体は、末端から順に冷えて行くんですね。

 

 

冷えの解決策は?

 

冷えにしても、痛みにしても身体は

比較的安全な部位から サインを出していくそうです。

 

指先、つま先、足首、お尻、太もも、腰など・・・

だから、そこを一生懸命温めても、おなかが冷えていては

その熱は、おなかに回るだけです。

 

熱の放出がスムーズにいかないと

「手足が冷たくてなかなか眠れない」ということになるのです。

熱が体内にこもるのです。

 

先におなかをしっかり温めた上で

手足をケアしてあげることが大切なんです。

 

就寝前に、お風呂などで体を温めると

いいですね。

 

 

まとめ

 

寝る時、おなかをしっかり温めながら

おなかの中に貯め込んでいるマイナスのイメージを 全部手放して

ぐっすり眠ってくださいね。

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集