睡眠時無呼吸かも寝るのが怖い!いびきと舌の関係は?改善方法は?

目安時間:約 5分

616067

 

本来、睡眠は日中活動した脳と身体を 十分に休息させたいものです。

しかし、 夜中眠っているうちに呼吸が止まってしまう

「睡眠時無呼吸症候群」が増えているそうです。

 

眠っている間に、息が止まってしまったら

とっても怖いことですよね。

睡眠時無呼吸と、いびき、舌の大きさの関係について ご紹介します。

 

  

スポンサーリンク

 

睡眠時無呼吸かも寝るのが怖くて不安

 

最近の研究で「睡眠時無呼吸症候群」が

糖尿病や  高血圧、脳卒中や心臓病などの

重い病気まで引き起こすことが 明らかになってきました。

 

しかも、 「太った男性」に限らず、「やせた女性」でも  

睡眠時無呼吸症候群になってしまうのです。

 

 

では、睡眠時無呼吸に何故なるのか?

 

原因としては

 

 

    • 1.肥満による首周りへの脂肪の沈着
    • 2.扁桃肥大
    • 3.鼻の通りが悪い
    • 4.舌が大きく気道をふさいでしまう
    • 5.顎が小さい(小顎症)
    • 6. アルコールの摂取により筋肉がゆるんでノドがふさがりやすくなっている。

 

 

ここでは、「4」の「舌のむくみ」について 考えていきたいと思います。

 

 

 

いびきと舌のむくみの関係

 

ちょっと、舌をベローンと出して鏡で見て下さい。  

周りがガタガタになっていませんか?  

 

 

これは、歯の跡がついていて むくんでいるんですね。

「歯痕(しこん)」や 「舌圧痕(ぜつあっこん)」と、言います。

 

 

舌は、筋肉なので柔軟にその形を変えることができます。  

英語の授業で発音の時よく、舌を意識してましたよね?

いびきは鼻から来る問題で

スポンサーリンク

同時に舌の問題でもあります。

 

舌は、のどの奥まで続くかなり大きな筋肉ですから  

この舌がむくむと、気道をふさいでいびきになります。

 

 

「舌がむくむ」という事は、おそらく

身体のどこかもむくんでいるということです。

 

 

水分代謝が悪くなっているんですね。

という事は、腎臓が疲れているということです。

 

 

 

改善方法は?

舌も筋肉!筋トレしよう!

 

起きているときは、できるだけ 「舌の筋トレ」をやってみましょう。

はっきり、発音してしゃべったり

意識して舌を動かすのです。

 

習慣になれば、身体の筋肉と同じで 引き締まってきます。

 

体内を温める

 

むくんでいるのは、冷えも原因の一つです。

冷たいものより、なるべく温かいものを 飲食しましょう。

運動も不可欠です。

 

 

まとめ

 

家族から、いびきが大きい!と言われたら

舌をべーっと確認してくださいね。

不安な場合は、すぐに病院で 診察を受けましょう。

 

 

1.舌の縁がガタガタしてる!痛い原因は?改善法は?

2.睡眠時無呼吸症候群の検査は自宅でできる?改善方法は?

3.いびきがひどいと言われ日中眠い!病気の可能性は?なりやすい人は?

4.睡眠時無呼吸症候群を自宅で治療するには?【体験談あり】

5.睡眠中呼吸が止まる!睡眠時無呼吸症候群とは?症状チェック

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集