【寝る前の準備】ぐっすり眠る方法は?入浴は?運動は?食事は?

目安時間:約 6分

64ce735368d469b43513cbd4055d7edf_s

 

あなたは、熟睡できていますか?  

ぐっすり眠れるように、何か工夫していますか?

寝る前に、ちょっと気を付ける。

準備をする。

 

これだけで ぐっすり眠れて、翌日快適に 過ごすことができます。

入浴、運動、食事などを しっかりと準備する事で

あなたは、気持ち良く眠ることが出来るようになります。

その方法をご紹介いたします。

 

  

スポンサーリンク

 

ぐっすり眠るための方法は?

 

 質の良い睡眠をするために 「快眠のために準備」をしましょう。

 

☑ なかなか眠れない人

☑ 眠りの浅い人

 

就寝前の4つの準備をしましょう。

 

 

快眠のための入浴法

 

入浴を正しくする事で熟睡効果が得られます。

神経の緊張を和らげるため、ぬるめのお湯にゆっくりとつかりましょう。

 

ぬるめの湯は副交感神経を刺激し、 リラックス状態になれるのです。    

37~39℃が理想です。

42℃を越えてしまうと、交感神経を刺激してしまい

逆に目が覚めてしまいます。

 

また、ベッドに入る1時間前の入浴が理想です。    

それは、入浴後の湯冷めが自然な眠りを誘い、 睡眠作用があるからなのです。

 

眠りと体温

 

寝る時間が近づいてくると、人はその準備として

体の深部の体温が下がり始め

逆に、体の表面の温度が上がってきます。

 

体温計で測る温度は体の表面の温度で

昼間は深部体温より少し低めになっています。  

 

就寝時に体温を下げるということは

昼間働き続けて疲れた脳や臓器を休ませて

疲労を回復するためでもあるのです。  

 

なので 眠りにつくためには、深部体温を下げることが必要なのです。

 

 

 

ストレッチと睡眠

 

寝る前のストレッチで熟睡 簡単なストレッチで血行をよくしよう。

 

眠る前に簡単なストレッチをすると

リラックス状態になれるので眠りやすくなります。

 

肩甲骨周辺の筋肉をほぐすと

深く息を吸い込むことができるようになります。

 

呼吸が深くなると、リラックス効果が高まるので

快眠しやすくなるのです。

 

また、体が硬くなっていると

寝がえりをうつ時などに目が覚めてしまうのです。

 

ハードなエクササイズだと、神経が高ぶり  

眠れなくなってしまうので   「きもちいい」と思える程度の

ストレッチをしましょう。  

 

 

食事と睡眠

 

お昼を食べた後って、眠くなりますよね?

食後に眠たくなる事は、生理現象でもあるんです。

 

食べたものの消化と吸収のために

血液が胃腸に集まり、副交感神経が優位になるからなんです。

 

ただし、睡眠中にも食べ物の消化のために  

胃腸は働き続けるので

身体が深いレム睡眠に入りにくくなってしまいます。

 

なので、「質の悪い睡眠」になってしまうのです。

 

食事は就寝3時間前くらいまでに済ませるようにしょう。

 

お腹がすいて眠れないっていう場合は

眠りを誘う成分を含む (ホットミルクがおすすめです。)

 

また、お酒を飲みすぎると快眠できなくなってしまいますので注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

パジャマで快眠

 

パジャマは、ゆったりとした薄手のものを選びましょう。

「何を着て寝るか」は、快眠の為にはとっても重要なんです。

 

快眠に適さないパジャマは、トレーナーや 部屋着などの厚手のものです。

厚めの生地は、就寝時に体から出た汗を吸って  

重くなり、寝がえりをする時に体に負担を与え 睡眠の妨げになります。

 

 

 

 

まとめ

 

良質な睡眠をとることは

健康にも美容にもとっても大切です。

是非、お試しくださいね。

 

 

1.夜熟睡できない!薬を飲まずにぐっすり眠ってスッキリする方法

2.睡眠時無呼吸症候群の検査は自宅でできる?改善方法は?

3.いびきがひどいと言われ日中眠い!病気の可能性は?なりやすい人は?

4.睡眠時無呼吸症候群を自宅で治療するには?【体験談あり】

5.睡眠中呼吸が止まる!睡眠時無呼吸症候群とは?症状チェック

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集