夜熟睡できない!薬を飲まずにぐっすり眠ってスッキリする方法

目安時間:約 5分

107309

 

睡眠不足は、とっても辛いものです。

ぐっすり眠れたら どんなに気持ちのいいものでしょう?

睡眠薬などに頼らず

ぐっすり眠れて、翌朝スッキリするための

6つの快眠ポイントを ご紹介いたします。

 

  

スポンサーリンク

 

ぐっすり眠れる6つのポイント

1.寝室の色で快眠する

 

安らぎを感じる色ってありますよね?

 

色なんて、目を閉じたら同じでは?

なんて、思われがちですが

 

色って、心理にとっても影響するんです。

 

快眠におススメの色は

〇ベージュ

〇グレー系

〇ブラウン系 など。

 

 
いくらあなたが好きな色だと言っても

赤や黄色などのヴィヴィッドな色は

神経を高ぶらせるので、避けましょう。  

 

また、夏の暑い時期はブルー系で涼しさがUPします!

 

 

2.寝室の広さ

 

寝室は、出来る限り ゆとりのある広さがおすすめです。

 

住環境で左右されるかもしれませんが

リラックスするためには

寝室は ゆったりとしたスペースを確保しましょう。

 

荷物が多すぎて、部屋がせまくなっている場合は

この際、断捨離をして、部屋をスッキリさせましょう。

 

1人の場合は、4.5畳~6畳。

2人の場合は、8畳以上の広さが理想的です。  

 

また、足元には 何も置かず、空気の流れをよくしましょう。    

背が高い家具は、圧迫感があり  部屋が狭く感じます。

 

 

3.騒音無しで眠る

 

騒音に邪魔されないように 、静かな環境を作りましょう。

 

外の音って、結構気になるものです。

眠れない時は、特に気になりますよね。

 

眠っていても ” 音 ” に敏感になって

すぐに目が覚めてしまうのです。

 

雨戸や、厚手のカーテンなどで静かな環境を作りましょう。  

 

目安は「図書館の静けさ」です。

 

逆に、静かすぎて眠れない時は

リラックス効果のある音楽を流してもいいですね。

 

 

4.湿度と温度の関係

 

快眠の目安は

冬場:15℃  

夏場:25℃

湿度:50%

 

寝室に、湿度計が付いた温度計があると 便利ですね。

夏や冬に、エアコンを使用する場合は

 

就寝1時間後に電源OFF

起床1時間前に電源ON

 

タイマーセットするといいですよ。

 

☑ 1晩中エアコンをつけていると 部屋が乾燥して、肌荒れの原因になります。

 

 

5.おすすめの照明

 

眠り易い照明を使いましょう。

 

寝るときの寝室の明るさは 「ほんのい暗い」  

ものがやっと見えるほどの明るさにしましょう。

 

間接照明や調光出来る照明器具がいいですね。

 

スマホやパソコンのブルーライトは 脳を覚醒させてしまうので

就寝前、30分は見ないようにしましょう。    

 

朝、起きたら 太陽の光をいっぱい浴びてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

6.アロマでぐっすり眠る

 

嗅覚って、睡眠と深い関わりがあるんす。

香りで心身が、リラックスすると

自律神経の働きに作用し、質の良い睡眠ができます。

 

リラックス出来る、おススメの香りは

〇ラベンダー

〇カモミール

〇ローズ   などなど、あなたの好きな香りを選んでくださいね。

起きてシャキッ! としたい時は

ユーカリー などがおススメです。

 

 

 

まとめ

睡眠は、美容と健康にもとっても大切です。

ぐっすりと、質の良い睡眠をとって

快適に過ごしてくださいね。  

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集