暑い夏運動後のビールは悪い?肝臓の働きは?肝機能を良くするには

目安時間:約 4分

4c9fc9093a28d95f5d2734a35bfa346b_s

 

トレーニングなどの運動をした後の ビールは、格別ですよね!

キンキンに冷えたビールをゴクゴク飲むって

考えただけでもたまりません!

 

って、実はこれ 肝臓には、とっても負担になっているんです。

運動後のアルコールと 肝臓の働き、肝機能を良くする方法を

ご紹介していきます。

 

  

スポンサーリンク

 

運動後のビールは悪い?

 

トレーニング後で汗をかいた後は

ビールを1杯、グィーッと飲みたくなるものです。

 

しかし、これは体にとっては、 あまりいいことではないのです。

 

胃や小腸から吸収されたアルコールは

主に肝臓でアルコール脱水素酵素によって分解され

 

 

「アセトアルデヒド」という 有害な物質に変換されるのです。

 

 

このアセトアルデヒドは、肝臓でアセトアルデヒド脱水素酵素 によって

無害な酢酸に変換されます。

 

お酒に強いかどうかは このアセトアルデヒドの分解能力で決まります。

肝臓はたくさんの体内の化学反応を 一手に引き受けているのです。

 

アルコールの分解は、肝臓にとって

かなりの労力となってしまいます。

 

 

 

アルコール以外の肝臓の働きは?

 

トレーニングなどの運動には

プロテインの摂取が効果的ですよね。

 

体内ではトレーニング後に 補給したプロテインなどから

タンパク合成が行われます。

 

この20種類あるアミノ酸を 組み合わせて

カラダに 必要なタンパク質をつくるのも

やはり肝臓の仕事です。

 

なので、トレーニング後のアルコールは

肝臓にとって二重の負担になるのです。

 

体のために、運動する日は休肝日にし

アルコールを飲まないことを おすすめします。

 

お酒が大好きで毎日飲んでいても

スポンサーリンク

トレーニングをした日は 飲酒を控えましょう。

 

 

 

肝機能を良くするには

 

✅ お酒を飲み過ぎない

度数の強いお酒は肝臓への負担が大きいのです。 

 

 規則正しい食事をする

肝臓への負担を減らすには 過剰な栄養や老廃物を減らすことが大切です。

食事中はよく噛み、腹八分目の量にすることで

栄養の摂り過ぎを減らすことができます。

 

 良質なタンパク質を摂る

肝臓が弱るとタンパク質の消費が増え

体内のタンパク質の生産が減ってしまいます。

なので、肝臓を元気に保つには 良質なタンパクを摂ると良いでしょう。

 

 便秘をしない

「便秘」とは腸内細菌のバランスが崩れて

悪玉菌が多くなって、腸内で有害物質が 発生します。

それを解毒するのが肝蔵なので 負担が増えてしまいます。

 

 バランスの良い食事

動物性の油や糖質を含む食品は、肝臓に余分な脂肪を溜めるので

肝機能が衰えます。

塩分の多い食事も、体内に水を溜め、肝硬変などの病状が 悪化してしまいます。

 

 睡眠不足をしない

夜型の生活は自律神経のバランスを崩し

肝蔵に悪影響を与えます。 夜更かしも、しないようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

大切な肝臓です。

身体の健康を維持するために 肝蔵の機能を向上させましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集