いびきがひどいと言われ日中眠い!病気の可能性は?なりやすい人は?

目安時間:約 4分

464674

 

自分では、気付きませんが

家族から、いびきが大きいと言われ

 

眠っているはずなのに

昼間は眠くてたまらない。

このような症状の場合

病気の可能性があるので、気を付けなくてはなりません。

 

  

スポンサーリンク

 

いびきがひどいのは?

 

大きないびきをかいていているくらい

眠っているのに、昼間に眠くなる。

 

このような症状の場合は 「睡眠時無呼吸」かもしれません。

 

無呼吸状態になっても本人は なかなか気づきません。

 

また、あおむけに寝ると

のどの奥の軟口蓋(なんこうがい)が下がったり

下の根元がのどの奥に落ち込む場合があるんです。

 

のどの周りや下についた脂肪によって、気道が塞がってしまうのですね。

このような場合、空気が狭められたり、気道を通る為に

大きないびきをかいたりなど

熟睡できないために、日中に強い眠気が起こるのです。

 

 

 

病気の可能性は?

 

健康な人は、あおむけに寝ても 空気の通り道である、気道は

十分に保たれています。

 

睡眠時無呼吸のある人が あおむけに寝ると

上記のような状態で 気道が塞がるので

閉塞性睡眠時無呼吸と言います。

 

一般的に睡眠時無呼吸というと

閉塞性睡眠時無呼吸の事を指します。

 

呼吸が10秒以上続けて止まる 状態になります。

 

閉塞性睡眠時無呼吸は、無呼吸と呼吸再開を

繰り返すため

眠りが浅くなり、睡眠の質が低下するため

日中に眠気がくるのです。

 

スポンサーリンク

 

その他の危険性

 

高血圧、脳卒中、糖尿病などの発症の

危険性も高まります。

 

閉塞性睡眠時無呼吸になると

酸素不足が続き、心臓は全身に酸素を送る為に

過剰に働きます。

 

また、無呼吸が起こる度に

脳は、覚醒状態になるため

交感神経が活発になり、アドレナリンが分泌地されて

血管が、収縮します。

 

そのため、血管や心臓に負担がかかり

高血圧や、脳卒中が起こりやすくなるのです。

 

そして、睡眠不足などでストレスがかかると

糖の代謝に関わる、インスリンの働きが

悪くなり、糖尿病を発症しやすくなります。

 

 

 

 

睡眠時無呼吸になりやすい人

 

肥満がある人

のどの周りに、脂肪が蓄積し

気道が狭くなり、 舌にも脂肪がたまるので

のどの奥に落ち込みやすくなります。

 

また、二重あごにもなりやすいので

あおむけに寝るとあごや首の周りの

脂肪が気道を圧迫します。

 

 

あごが小さい人

気道が狭くなりやすいため

肥満の無い、小柄な女性でも

睡眠時無呼吸になる場合があります。

 

 

 

まとめ

 

日中にいつも強い眠気を感じるようなら

早めに病院へ、診察に行きましょう。

放っておくと 色々な病気になる可能性があります。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集