糖尿病インスリン血糖値の関係は?症状と合併症は?生活習慣で改善

目安時間:約 5分

9b34f583f5428f4b7d31b78e4fb0bc02_s

 

糖尿病とインスリンまた、血糖値って言葉は

よく聞きますが、 どういった関係でしょうか?

 

また、糖尿病の症状と合併症について。

生活習慣を正し、改善する方法を ご紹介します。

 

  

スポンサーリンク

 

糖尿病インスリン血糖値の関係は?

 

私たちの体の中を流れる血液中には

「糖分」が含まれています。

 

この糖分を血糖と呼びます。

 

血糖はエネルギーとして使われるのですが

エネルギーとして、うまく使われなくなる病気が

糖尿病です。

 

糖尿病で血糖値が高くなる原因は

血糖を下げるホルモンであるインスリンが

すい臓から体内に分泌されるのですが

 

インスリンの量が減る事と

インスリンに対する細胞の感受性が

低下することの2つの原因があります。

 

つまり、糖尿病とは 「インスリン作用不足病」なのです。

 

 

 

糖尿病の症状と合併症

 

糖尿病自体は、目立った症状というのは ありません。

痛くもかゆくもない状態が続くのです。

 

だからと言って、血糖の高い状態を

ずっと放っておくと

体内では、様々な変化が起こってきます。

 

全身の血管や神経が傷つき

色々な合併症が引き起こされます。

 

糖尿病が恐いのは、この合併症なのです。

 

では、糖尿病の三大合併症をご紹介します。

 

 

 

糖尿病での目の合併症

 

目には、「糖尿病網膜症」

 

糖尿病網膜症は緑内障とともに

成人してからの失明の大きな原因疾患となっています。

 

糖尿病発症後、数年から10年くらいで

糖尿病網膜症を発症します。

 

自覚症状を感じたときには、網膜症が

かなり進行していることになります。

スポンサーリンク

 

 

糖尿病での腎臓の合併症

 

腎臓では、「糖尿病性腎症」

 

糖尿病性腎症とは、段階を経て病気が進行し

尿が出なくなるのです。

 

できるだけ早期に発見し、適切な治療をすることが重要です。

 

糖尿病性腎症が原因で透析を受けることになった人が

とても多いのです。

 

私の父も、糖尿病性腎症が原因で

透析を受けることになりました。

透析をすると、とてもキツイようです。

 

 

糖尿病での神経の合併症

 

神経では、「糖尿病神経障害」

 

腎症や網膜症は、自覚症状がないまま

5年、10年と経過し病状がかなり悪化してから

気付くことが多いのですが

 

神経障害は手足のしびれなどの自覚症状が

初期の段階からあらわれてきます。

 

神経障害の症状は 手足のしびれや痛み

感覚の鈍麻、下痢や便秘を繰り返す、立ちくらみ 味覚が鈍くなる、

発汗異常、尿が勢いよく出ない 勃起障害など、

 

色々な形で全身にあらわれます。

 

他にも、心筋梗塞や脳卒中などを 起こしやすくなります。

 

 

 

 

糖尿病は生活習慣で改善出来る!

 

糖尿病治療の基本は、食事療法や 運動療法です。

 

糖尿病の食事療法

 

☑ 野菜を先に食べるなど食べる順番の工夫をする。

☑ よく噛んで、ゆっくり食べる。

 

この2点を実践することで、血糖値が改善されやすくなります。

 

また、朝食は欠かさずに食べましょう。

朝食を抜くと、逆に太りやすくなるのです。

 

 

 

まとめ

 

血糖値が高いと指摘を受けたら

必ず内科を受診して、血液検査等、検査を受けましょう。

 

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集