膝が痛くてしゃがめないケアが必要?原因は?予防や対策は?

目安時間:約 5分

910901602848507fc161c5606803c380_s

 

 

不意に襲うヒザの痛み、辛いですよね。

私も突然、痛くなり

しゃがめなくなりました。

そして、しゃがむと立てなくなりました。

 

ヒザの痛みを放っておいたらどうなるのでしょうか?

原因を知って、予防や対策を ご紹介していきます。

 

  

スポンサーリンク

 

膝が痛くてしゃがめないケアが必要?

 

寒い冬は身体に支障が出やすくなります。

また、冬が過ぎてもそのまま痛みが続いて

なかなか改善しない場合も多いのです。

 

 

☑ ウォーキングをして帰ったら、ヒザが痛くなった。

☑ 階段を下りるのがツライ。

☑ 正座が痛くてできない。

☑ また、座ると立てない。

☑ 寝起きにヒザが痛む

☑ 雨天にヒザに違和感を感じる。

 

 

こういう場合 放っておいたら治るかな?と甘くみていたら

「変形性ヒザ関節症」などの病気に

すすんでしまう危険性もあるのです。

 

 

 

膝の痛みの原因は?

 

今まで不通に動いていて

気にもしなかったヒザが

ある日、痛みを感じるようになります。

 

ヒザがスムーズに動くのは

骨と骨の間にある

 

「プロテオグリカン」

「Ⅱ型コラーゲン」

「ヒアルロン酸」

「軟骨細胞」

 

などでできた、いわゆる”軟骨”がクッションの役目を

担っているおかげなんです。

 

この”軟骨”がすり減ることで

痛みが生じる場合が多いのです。

 

すり減る原因は、長年にわたるヒザへの負担の積み重ねや

急激な体重増加、運動不足で

ヒザを支える筋力が

スポンサーリンク

低下したこと等が考えられます。

 

私も実際に短期間で10㎏くらい体重が増え

座ってばかりで 運動不足でした。

 

 

膝の痛みの予防と対策は?

 

予防は、やっぱり運動です。

ウォーキングや自転車、水泳 ストレッチ、筋トレなどの

適度な運動を続けることが大切です。

 

 

ヒザの痛みを予防する食事や栄養

 

食事等の栄養面では、ヒザを支える筋肉の材料となる

タンパク質を摂る事が大切です。

 

タンパク質は、軟骨を作るコラーゲンの材料にもなります。

コラーゲンの合成に必要なビタミンCや、軟骨成分のヒアルロン酸

プロテオグリカンなども大切です。

 

ヒザを支える筋肉を作るタンパク質でおすすめの食材は

鶏肉やカツオ、サケなどです。

 

身体への吸収率を高めるビタミンB6が含まれているので

効率的にタンパク質を摂取できます。

 

また、軟骨を作るコラーゲンは鶏手羽や鶏ナンコツに含まれています。

 

 

ヒザの痛みを予防する運動

 

いくら運動がいいとは、言っても

急激に 激しい運動をすると、怪我をしてしまう場合が

あるので注意しなくてはなりません。

 

先ずは、お医者さんに相談することも 大切です。

おすすめの運動は、ウォーキング、水泳、水中ウォーキング などの軽い運動です。

無理をせず、毎日続けることが大切ですね。

 

 

ヒザの痛みを予防するにはダイエット

 

体重増加は、ヒザへの負担が大きいので

ダイエットは必要になります。

 

普通に生活をしているだけでも

ヒザには、体重以上の負担が かかっているのです。

ヒザを守るためには 余分な体重を減らすようにしましょう。

 

 

まとめ

 

ヒザの痛みは、本当に辛いです。

ひどくなる前に、予防をしていきましょう。

放っておいても、悪くなっても良くなることはありません。

しっかりケアをしていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集