受験勉強中の夜眠い時の対処法は?記憶力をアップするには?

目安時間:約 4分

129602

 

勉強していて夜中に眠くなってしまう。

集中力が欠けてしまう。

 

勉強しなきゃと焦りながらも睡魔には、勝てません。

そんな時、眠気がサッパリなくなって

勉強モードに入れる方法と

記憶力をアップするための大切な事を お伝えします。

 

  

スポンサーリンク

 

受験勉強中の夜眠い時の対処法

 

眠気を覚まして集中して勉強が出来る3つの方法です。

 

夕食を軽めに食べる

 

今日は、眠らず勉強しなきゃ!という日は

夕食を軽めに食べましょう。

 

オレキシンという脳内ホルモンは

覚醒効果のあるホルモンなんですが

 

お腹が一杯になると満腹中枢が働き

オレキシンの分泌量が少なくなることによって眠気が生じます。

 

また、夕食の内容が脂肪分が多いものを 食べれば食べるほど眠くなります。

 

 

中衝のツボを刺激する

 

眠気をとるツボ「中衝」を刺激します。

中指の爪のつけ根あたりの両脇を強く挟んで 刺激します。

 

ちょっと眠くなってきたなぁという時に 効果的です。

 

眠気

スポンサーリンク

 

ストレッチをする

 

ストレッチをする。身体を動かす。

 

眠くなったら、椅子から立ち上がりましょう。

夜中、ドタバタは出来ないので

ストレッチなど、身体を動かします。

 

環境が変わる事で、眠気が覚めてしまいます。

運動をすると、心拍数が上がり 体は、興奮状態になるのです。

 

 

 

 

記憶力をアップするには

 

勉強した事をしっかり記憶に固定させないといけませんよね。

それには、やっぱり「睡眠」が必要なんです。

 

睡眠中の脳は、記憶を整理し

固定させるという作業が行われているのです。

 

慢性的な睡眠不足の脳では

アルツハイマー病を引き起こす原因のひとつである

タンパク質、アミロイドβがたまりやすいという研究データがあります。

 

何日も続けて、眠らずに勉強するのは

逆効果になる場合もあります。

 

睡眠はしっかりとりましょう。

 

 

 

 

 

昼寝をする場合

 

昼寝は、必要に応じて30分以内にしておきましょう。

長く寝るのは、あまりよくありません。

 

ほんの少しの時間でも昼寝をすることで

眠気が改善され脳が活性化されるという研究結果も出ています。

 

少しの昼寝を取り入れて

午後からの勉強の集中力をアップさせることも

大切かもしれません。

 

 

 

 

まとめ

 

大切な時に、頑張ることは大切です。

でも、無理をしすぎて 身体をこわすことのないように 気をつけましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集