冬場の乾燥が老化につながる!乾燥肌をなくす化粧水の使い方

目安時間:約 3分

023

 

冬場は特に乾燥肌になり

顔のたるみや、目の周りの シワがとって気になります。

 

保湿をしっかりして 若さを保つには

ただ、化粧水で保水をするだけでは ダメなようです。

 

では、どのようにしたらいいのか

などをお伝えします。

 

  

 

スポンサーリンク

 

冬場の乾燥が老化につながる

 

 

冬場は、エアコンなどの暖房器具などでも

空気が乾燥し、部屋の中の観葉植物の土も

すぐに、乾いてしまいます。

 

 

皮膚の表面の角質層が剥がれ

水分がどんどん蒸発し

乾燥肌で、カサカサしてしまうのです。

 

 

乾燥肌になるとシワやたるみで

ぐーんと老けてしまいますよね。

 

 

やっぱり潤い、ツヤツヤした肌は とっても若く見られます。

かといって、ベタベタにするのも イヤですよね。

 

 

そこで、水分の蒸発を防ぎ

外部からの異物の侵入を防ぐバリア機能がある 角質層を

正常にするのに大切なのが 「セラミド」なんです。

 

「セラミド」って、肌の潤いを守る成分として

多くの化粧品の中に含まれていますよね。

 

しかし、「セラミド」自体は保湿力が低いので

スポンサーリンク

効果のある使い方をしましょう。

 

 

 

 

乾燥肌をなくす化粧水の使い方

 

 

お風呂上りや洗顔後は、すぐに化粧水を付けましょう。

タオルドライした後ではなく 出来れば、

 

 

「少し顔が濡れている状態」

 

 

この時に、化粧水を付けるのが 一番効果的なんです。

 

そして、バシャバシャ付けるよりも

手のぬくもりで、肌に浸透させるように

化粧水を入れ込んでいきましょう。

 

 

何度か、重ね塗りをすると しっとりしてきます。

肌に手が吸い付く感じになれば

保水OKのサインです。

 

その後、ワセリンなどの保湿クリームで フタをしましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

化粧品だけでなく、食事や生活習慣からも

改善、悪化していきます。

 

なので、美肌のために

全ての面で気を付けていき

いつまでも若々しくいたいですね。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集