冬場の足のむくみを取る方法!原因は?簡単な解消法をご紹介

目安時間:約 3分

131554

 

朝はいて出かけたブーツが 夕方になると

パンパンになってしまったりと

冬場は、足がむくみやすくないですか?

 

また、立ち仕事や座りっぱなしのデスクワークだと

特に、むくみがひどくなります。

むくみの原因と、簡単にできる「むくみを取る方法」をご紹介します。

 

 

  

スポンサーリンク

 

足のむくみの原因は?

 

 

むくみには、病気が原因の場合と 一時的なものとがあります。

 

病気が原因の場合は、 肝臓や腎臓の疾患、血管やリンパ管の疾患

貧血や妊娠中毒症などがありますので

ずっとむくんでいるようでしたら、すぐに受診しましょう。

 

 

また、そうではなく 一時的なむくみ

長時間立っぱなしだとか、デスクワークでずっと座りっぱなしで

むくむなどという場合は

 

「本来、水が溜まってはいけない場所に 水が溜まった状態」なのです。

 

ふくらはぎは、ポンプの働きで 血液を循環させる働きをします。

その、足の筋肉のポンプ力が低下し

水分が染み出てしまうと 足がむくんでくるのです。

スポンサーリンク

 

 

 

冬場の足のむくみを取る方法!

 

足のむくみを簡単に取る方法があります。

それは、「貧乏ゆすり」です。

名前が悪いですね。

 

1回に10秒「貧乏ゆすり」をするといいようです。

 

仕事の合間に、貧乏ゆすりをやってみましょう。

血管や心臓の機能が改善されます。

 

 

また、貧乏ゆすりが、恥ずかしい場合は

「手のひらを10分間、日光浴をさせる。 」

 

 

これだったら、簡単にできますね。

 

寒い冬、ポケットに手をつっこまないで

手のひらを太陽に当てて歩きましょう。

 

 

余談ですが、20分日光に当たることで

血圧を下げることができるようですよ。

 

 

 

 

 

まとめ

 

日光にあたることって とっても大切ですね。

寒い冬ですが、手のひらを日光浴させましょう。

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集