インフルエンザ予防には加湿!加湿器とディフューザーの違い

目安時間:約 5分

uirusu

 

 

 

冬は、インフルエンザなどのウイルスが 流行する季節です。

 

何故、冬なんでしょう? それは、冬場は乾燥するからなんです。

 

乾燥を防いで、インフルエンザなどの ウイルスを予防をしましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザの予防には加湿が重要

 

 

インフルエンザウイルスは室温20度以上

 

湿度(50~60%)以上になると感染力が低下します。

 

 

湿度が高くなるとウイルスの生存率が低くなるのです。

 

湿度が40度以下になると 体にさまざま支障をきたすので、気を付けましょう。

 

 

そこで、湿度を高くする方法で

 

 

 

☑ 濡れたタオルを部屋干しする。

 

☑ 加湿器を使う。

 

 

と言った方法があります。

 

 

 

また、夜寝る前にコップ一杯の水を飲むこと。

 

夜寝ている間も体は乾燥していきます。

 

血液もドロドロになりやすくなるので

 

水分を補ってから寝るようにしましょう。

 

 

 

 

インフルエンザの予防にアロマオイル

 

 

加湿器を使うのに、アロマを併用しては どうでしょうか?

 

 

色んなアロマがありますが 免疫力をアップするのにおすすめは

 

「ティートリー」です。

 

 

風邪やインフルエンザが流行るこれからの季節には

 

とてもオススメです。

 

 

 

ティートリーは、スパイシーでウッディな香りです。

 

「抗ウィルス・抗菌・抗真菌・殺菌・非常に強い殺菌力」 と言った作用があります。

 

病気治療中の方・お年寄り・赤ちゃん・妊婦さんにもオススメです。

 

 

 

 

アロマオイルと精油の違い

 

 

アロマオイルと精油は違います。

 

精油(エッセンシャルオイル)は 植物の花や葉、果皮や根、種子や樹脂、樹皮などから

 

抽出した純度100%の液体です。

 

 

アロマオイルは、精油をアルコールや キャリアオイルで希釈した油製品のことです。

スポンサーリンク

 

できれば、植物から抽出された天然の成分を選びましょう。

 

 

 

 

 

加湿器とディフューザーの違い

 

 

加湿器は、加湿するものですよね。

 

ディフューザーは、アロマテラピーがメインです。

 

 

超音波で精油を細かなミストにして お部屋に広げてくれますが、

 

加湿効果はあまりありません。

 

 

また、超音波のものは 雑菌やカビが繁殖しやすいので、

 

きちんとお手入れをしましょう。

 

 

なので、インフルエンザなどのウイルス予防として 使用するなら、

 

加湿器がおススメです。

 

購入する際は、アロマが使えるものを選ぶといいですね。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

 

睡眠をしっかりとることも 免疫を上げるために大切です。

 

夜は、ぐっすり眠れるアロマは ラベンダーやネロリがおススメですよ。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集