マイコプラズマ肺炎の感染経路は?潜伏期間は?予防するには?

目安時間:約 4分

haien

 

 

マイコプラズマ肺炎は

 

幼児から中学生くらいが 一番多く感染します。

 

大事な受験を控えていたりすると 心配になってきますよね。

 

 

では、今、流行りのマイコプラズマ肺炎は

 

どうしたら感染するのでしょうか?

 

 

潜伏期間はどれくらいで、発症するのでしょうか?

 

また、予防するには どのようにしたら良いのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

マイコプラズマ肺炎の感染経路は?

 

 

マイコプラズマ肺炎は 冒頭でもお伝えしていますが

 

幼児から中学生くらいが 一番多く感染します。

 

 

なので、集団生活の中や人混みの中で 感染する事が多いようです。

 

 

マイコプラズマ肺炎に感染した人の 咳やくしゃみで

 

マイコプラズマ肺炎マが飛散し

 

それを吸い込むことで感染する「飛沫感染」

 

 

感染している患者との直接的に接触したり

 

周囲の物を介しての間接的な接触で病原菌が体内に入る 「接触感染」があります。

 

 

 

 

マイコプラズマ肺炎の潜伏期間は?

 

 

潜伏期間は2~3週間と長めです。

 

もっと長い場合もあります。

 

スポンサーリンク

 

その後、発熱、全身の倦怠感、頭痛、 長く続く咳などの症状が発生します。

 

家族に感染者がいるとき、学校や保育園で

 

マイコプラズマ感染症が流行しているとき

 

などは、感染の疑いがある場合は 気を付けておきましょう。

 

マイコプラズマ肺炎に感染したときは

 

医師に感染の恐れのないことを確認してから

 

学校や職場へ行くようにしなければなりません。

 

 

 

予防するには、どうする?

 

 

ありきたりですが、うがい、手洗い、マスク をしっかりしましょう。

 

 

潜伏期間もありますので、自分がマイコプラズマに感染している事を

 

わかっていなくて、集団の中で生活送る場合もあると思います。

 

 

なので、自分で自分の身を守る為にも

 

外出時、特に人混みの中に行く場合は

 

マスクは、忘れないようにしましょう。

 

 

「飛沫感染」は、防げると思います。

 

 

 

 

 

 

 

また、睡眠を十分にとり 食事をしっかり食べ、栄養面にもきをつけましょう。

 

日ごろからの生活習慣が とっても大切です。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集