インフルエンザ予防接種受験生はいつが効果的?2回受けるべき?

目安時間:約 4分

%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b6

 

 

受験生をもつお母さん。

 

心配ごとばかりですよね。

 

できれば、万全な状態で受験に臨んでほしいですよね。

 

 

中でも、インフルエンザは心配です。

 

 

予防接種は、いつ受けるのが効果的なのでしょうか?

 

また、2回受けるべきなのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザ予防接種、受験生はいつが効果的?

 

 

予防接種の効果が発揮されるのは

 

接種を受けて2週間後から約5ヶ月間です。

 

なので、受験月の5ヵ月以内に接種しましょう。

 

 

 

毎年、インフルエンザが流行するのは

 

12月下旬頃から翌年の3月にかけてです。

 

 

11月から、遅くても12月中旬頃までには

 

予防接種を受けておくと良いでしょう。

 

 

 

しかし、予防接種を受ければ

 

絶対にインフルエンザにかからないわけでは ありませんので

 

免疫が下がらないように 生活習慣には、気を付けましょう。

 

 

 

 

また、家族がインフルエンザにかかってしまっては 大変なので、

 

家族の方も予防接種を受け

 

インフルエンザにかからないように 気を付けましょう。

 

 

 

 

受験前、予防接種は2回受けるべきか?

 

 

受験であれば、2回接種の方が確実かもしれません。

 

1回目の接種から 2週間程度間を空けて

 

2回目の予防接種を 受けましょう。

 

 

 

効果は半年程度持続しますので

 

受験シーズンは問題なく乗り切れるでしょう。

 

 

 

しかし、風邪気味の時に無理に接種すると

 

逆に体調が悪化します。

 

体調の良い時に接種するようにしましょう。

 

 

 

しかし年齢や体質

 

持病によって受ける回数が異なったり

 

場合によっては予防接種が受けられないこともあります。

 

 

例えば、

 

過去に予防接種でアナフィラキシー(アレルギー症状)を

スポンサーリンク

 

起こしたことがある方

 

なども受けられません。

 

 

医師と相談しましょう。

 

 

 

今は、インフルエンザになってからでも

 

1日で熱が下がる薬があるので 心配ないかもしれませんね。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クレベリンG 業務用 150g
価格:2160円(税込、送料別) (2016/10/16時点)

 

 

 

 

まとめ

 

 

体力が低下し、免疫が下がれば インフルエンザだけでなく

 

いろんな病気にかかってしまいます。

 

大変な受験を乗り越えるには 家族の協力も必要ですね。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集