子供の冷え性の原因は?何故悪い?改善するには?

目安時間:約 7分

img_sutoresu_boy01

 

冷え性って、大人の女性に多いと

 

思われていますよね?

 

 

しかし、最近では

 

冷え性の子供が増えてきているんです。

 

 

子どもは、大人より体温が高めなのが

 

普通なんですが

 

何故、「冷え性」の子供が増えているのでしょう?

 

 

また、冷えると何故悪いのでしょうか?

 

子どもの「冷え性」の原因と改善法を

 

ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

子どもの冷え性の原因は?

 

 

冷えとココロの関係

 

 

冷え性の人は「愛に飢えている」んです。

 

ココロも、冷えているんです。

 

 

関係無いようにありますが

 

「ココロとカラダ」ってつながっているんですよね。

 

 

共働きの世帯が増え

 

シングルマザーが増え

 

 

「もっとお母さんと一緒にいたい!」って思っていても

 

これが当たり前なんだって、子ども自身も

 

当たり前になっている。

 

 

 

私も、下の子(女の子現在19歳)が小学生の頃

 

シングルマザーになりました。

 

 

二人の子供を育てていくために

 

一生懸命働きました。

 

それが、この子たちのためだから・・・と。

 

 

この子は、しっかりしているから大丈夫と

 

思っていました。

 

 

でも、子どもは

 

口に出しては、言わなかったけど

 

もっと、私と一緒にいたかったんだと

 

大きくなってから、気付きました。

 

 

当時は、どうしようもなかったんですけどね。

 

 

うちの子も冷えていたと思います。

 

 

 

 

冷えの医学的原因

体温調整を司る自律神経に異常が起こっていると

 

いわれています。

 

 

【睡眠不足】

 

遅くまで、テレビを見たり

 

ゲームをしたり、携帯いじったりしていませんか?

 

 

【運動不足】

 

ゲームの中でスポーツすることは、あっても

 

実際に、外で思いっきり遊ぶ子どもが

 

減ってきているよです。

 

 

お母さんも、お仕事しているから

 

子どもが外で遊ぶより、家の中にいる方が安心のようで。

 

 

 

【朝食を食べない】

 

夜、寝るのが遅いから

スポンサーリンク

 

当然、朝は起きれません。

 

朝食を食べない子供が増えているようです。

 

 

 

【冷暖房】

 

昔は、汗をいっぱいかいて

 

外で遊んでいました。

 

 

しかし、異常な猛暑だったりもあり

 

冷暖房がばっちり効いている部屋にいることが

 

多いですね。

 

 

体温調整がだんだん出来なくなってきているようです。

 

「冷え性」って何故悪いのか?

 

 

 

体温が1℃下がると、免疫が30%

 

代謝は、12%下がるといわれているんです。

 

 

逆に、体温が平熱より1度上がると

 

免疫力は5倍に上がります。

 

 

 

 

なので、病気が治るとも言われています。

 

冷え性は、いろんな病気を引き起こします。

 

 

例えば、がん患者の体温はとっても低いんです。

 

 

癌細胞は、熱に弱いんです。

 

 

「冷え性」=「血行が悪い」

 

血の循環が悪いと、身体のすみずみに

 

栄養が行き届きません。

 

 

そして、老廃物だけが体内に残ってしまいます。

 

なので、血液もにごってしまいます。

 

あらゆる病気の原因は

 

 

「冷え:血液のにごり」

 

 

だと言えます。

 

 

冷え性の改善方法は?

 

 

では、「冷え性」の改善方法はどうすればいいのでしょう?

 

上記の原因の逆をしましょう。

 

生活習慣を改善するのです。

 

 

☑ 早寝、早起きをしましょう

 

☑ しっかり、運動をしましょう。

 

☑ 朝ごはんを食べましょう。

 

☑ 冷房のかかりすぎに注意しましょう。

 

そして、

 

「体を温める」ものを食べ

 

「体を温める」ことをしましょう。

 

 

 

まとめ

 

子どものココロを温めてあげましょう。

 

子どものココロを温めてあげられるのは

 

あなたですよ。

 

 

1.ついつい食べ過ぎる!痩せるホルモンとは?睡眠との関係は?

 

2.なかなか痩せられない!脂肪の役割ってあるの?減らす方法は?

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集