睡眠中呼吸が止まる!睡眠時無呼吸症候群とは?症状チェック

目安時間:約 6分

ibiki

 

うちの旦那さん、いびきが凄いんです。

 

そして途中、時々呼吸が止まっているような・・・?

 

 

これって、何でしょう?

 

このまま死んでしまうのでは?と

 

心配です。原因は何なのでしょうか?

 

  

スポンサーリンク

 

 

睡眠中に呼吸が止まる!

 

 

いびきがひどくて 空気の通り道が狭くなり

 

睡眠中に、10秒以上呼吸が止まったり

 

それを一晩に何度も繰り返えす。

 

 

こういった症状になった時は

 

「睡眠時無呼吸症候群」が疑われます。

 

 

いびきが凄いから ぐっすり熟睡してると思っていましたが

 

実は逆だそうで・・・。 では、「睡眠時無呼吸症候群」とは 何でしょうか?

 

 

 

 

睡眠時無呼吸症候群とは?

 

 

読んで字の如く、眠っている間に 呼吸が止まる病気のことです。

 

10秒以上呼吸が止まった状態を「無呼吸」といい

 

無呼吸が一晩(7時間の睡眠中)に30回以上

 

もしくは、睡眠1時間あたり平均5回以上起これば

 

 

「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。

 

睡眠時無呼吸症候群には 「閉塞型」「中枢型」があり

 

患者のほとんどが閉塞型です。

 

 

【 閉塞型とは 】

 

睡眠中に上気道が閉じてしまい 呼吸ができなくなってしまうことです。

 

肥満で首や喉まわりにも脂肪がついていたり

 

アゴが小さくて気道が狭かったりで

 

寝たときに気道が塞がれてしまい 呼吸ができなくなるのです。

 

 

1.肥満による首周りへの脂肪の沈着

 

2.扁桃肥大 3.鼻の通りが悪い

 

4.舌が大きく気道をふさいでしまう

 

5.顎が小さい(小顎症)

 

6. アルコールの摂取により筋肉がゆるんでノドが ふさがりやすくなっている。 

 

 

【 中枢型とは 】

 

神経疾患や心不全などの病気が原因で

 

脳からの「呼吸をしなさい」という指令自体が止まって

 

無呼吸になる状態です。

 

呼吸そのものが止まっているので、胸やお腹の動きもなく いびきもかきません。

 

 

スポンサーリンク

 

睡眠時無呼吸症候群の症状をチェック

 

 

☑ 激しい、いびき

 

   狭くなった気道を空気が

 

   無理やり通ろうとするので

 

   喉の周辺の粘膜が振動して起こるのです。

 

 

 

☑ 日中眠い 

 

   睡眠中に呼吸が止まるので、眠りが浅くなり

 

   日中に居眠りをしたり、集中力が薄れます。

 

   体内の酸素が足りなくなるので 体は酸素を補おうと

 

   必死で心拍数を上げます。

 

   すると、眠っている間に脳が何度も覚醒してしまい

 

   熟睡することができないのです。

 

 

 

  夜中何度もトイレに行く

 

   無呼吸の状態の息苦しさに耐え切れなくなって

 

    勢い良く呼吸を再開するときに

 

   腹圧が上昇してしまうことと、

 

   本来であれば、寝ているときに分泌される

 

  「抗利尿ホルモン(尿の量を減らすホルモン)」の 分泌量が低下してしまうのです。

 

 

 

   勃起不全

 

   無呼吸によって、睡眠中に何度も脳が覚醒してしまうので

 

   男性ホルモンの分泌の指令を出す脳や

 

   働きが停滞してしまうことが原因です。

 

 

☑  肥満の人に起こりやすい病気

 

   睡眠時無呼吸症候群そのものも肥満を助長します。

 

     脂質の分解を促す作用がある「成長ホルモン」は

 

   深い眠りに入ったときに分泌されるので

 

        熟睡できないと、このホルモンの分泌量が大幅に低下してしまうのです

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

まとめ

 

上記のような症状が見られたら 高血圧や心臓病、

 

脳血管障害、糖尿病などの 生活習慣病を引き起こしたりもしまするので。

 

 

命に関わる事態を引き起こす可能性もあります。 軽く考えずに

 

きちんと治療を受けるようにしましょう

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集