息が臭いと言われた?口臭の原因と改善方法は?

目安時間:約 6分

kousyuu

 

口臭がする!って言われたらショックですよね・・・

 

でも、言われれば気を付ける事ができるけど

 

なかなか言いにくいものです。

 

 

周りの人から、口が臭いって 思われているかも・・・

 

だって自分では 自分の臭いって、わかりにくいものですからね。

 

では、口臭の原因を考え 口臭予防をしていきましょう。

 

  

スポンサーリンク

 

口臭の主な原因は何?

 

口臭の主な原因は、口の中にあります。

 

虫歯や歯周病など細菌が原因で 臭う事が多いのです。

 

あなたの奥歯に、虫歯はありませんか?

 

 

歯周病によってできた歯周ポケットは、

 

細菌のパラダイスって、感じで 新陳代謝を行う際に

 

硫化水素やメチルメルカプタンという気体を発生します。

 

 

 

硫化水素は腐った卵のような臭いで

 

メチルメルカプタンは魚の臓物臭のようなにおいに似ています。

 

 

 

どちらも、たまらなく臭いですよね! また虫歯になると歯に穴が開きますよね?

 

そこに食べカスが詰まり、腐れて臭うんです。

 

虫歯が進行すると歯髄の組織が腐れ、死臭や壊疽臭が出てきます。

 

 

考えただけでも臭い!ですよね。

 

 

 

 

口臭の予防と改善のためには①

 

虫歯や歯周病からの口臭であれば

 

寝る前・起床時の歯磨きと食後のガムですね。

 

 

奥歯や歯の裏、歯茎と歯のスキマなどなど

 

時間をかけて、ゆっくり全部の歯を磨きましょう。

 

 

液体歯磨きで、ブラシの届かない所も キレイにしていくといいですね。

 

また、口臭の原因の中に唾液の不十分な分泌による 「ドライマウス」があります。

 

 

唾液の分泌を増やし口内の酸素を増やすことが

 

口臭予防とその改善の最も重要なポイントなんです。

スポンサーリンク

 

唾液が少なくなると、口臭がきつくなって くるんですね。

 

 

 

口臭の予防と改善のためには②

 

 

カフェイン、ニコチン、アルコールの摂りすぎ!

 

 

上記のことって、利尿作用がすごいんです。

 

って、ことは 過剰摂取をすることで脱水症状を起こし、

 

唾液の分泌を抑えてしまいます。

 

 

水分をあまり摂らなかったら!

 

ダイエットしてて、食事の量を減らすことで

 

一緒に水分も摂れなくなってしまうと

 

体内の水分量が大幅に減り唾液の分泌が 不十分になってしまう。

 

 

 

良く噛んで食べよう!

 

何回も噛んでいたら、唾液が出てきますよね。

 

なので、噛む回数が減ると当然 唾液が十分に分泌されなくなります。

 

小さい頃からよく言われていた 「ゆっくり、良く噛んで食べなさい。」

 

って 口臭予防にも、必要な事だったんですね。

 

 

 

ゆっくり、リラックスすることも必要!

 

交感神経が優位な状態(緊張状態など)だと 分泌される唾液は、

 

水分量が少なく粘度の高いんです。

 

ベタベタした感じというか・・・ 口内が乾燥しやすくなるんです。

 

気持ちをリラックスさせましょう。 深呼吸も大切ですよ!

 

昼間に深い呼吸ができていると 夜、ぐっすり眠れるんです。

 

 

 

年をとると・・・!

 

これは、仕方の無い事ですが 一般的に70歳を過ぎると

 

唾液分泌量が 減少すると言われています。

 

いつまでも若くいたいですね。

 

 

まとめ

 

 

水分補給が大切ですね。

 

唾液を作るのに 欠かすことができません。

 

1日に約1.2~1.5リットルほどの水を こまめに飲むようにしましょう。

 

でも、決して、無理はしないこと。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集