赤ちゃんの日焼けによる影響は?紫外線から守る日焼け止め法

目安時間:約 4分

babyUV

 

 

昔は、子供は太陽に当てた方が健康にいいと言われ

 

日光浴がすすめられていました。

 

 

しかし、現代は紫外線が肌に及ぼす影響が明らかになり

 

幼い頃からの紫外線対策は、とても重要になってきました。

 

 

幼少期に紫外線をいっぱい浴びると

 

どうなるのでしょうか?

 

また、どのような対策をすればいいのでしょうか?

 

 

 

 

赤ちゃんの日焼けによる影響は?

 

 

浴びた紫外線のダメージは確実に蓄積され

 

10年以上後になってシワやシミ 免疫力の低下など

 

さまざまな形で現れます。

 

 

そして特に肌が薄く、バリア機能の低い乳児の肌は

 

日焼けから守らなければなりません。

 

 

外遊びなどで大人よりも紫外線を浴びる機会が多い幼少期に

 

しっかり、ケアをしていないと

 

成人後の皮膚がんや白内症発症のリスクが高くなります。

 

 

 

赤ちゃんを紫外線から守る日焼け止めは

 

 

生後1ヶ月を過ぎると、

 

赤ちゃんを連れて外遊びをする機会が 増えますよね。

 

公園デビューなんて言葉も流行りました。

 

 

ここでしっかりと正しく日焼け止めをしておきましょう。

 

大人の日焼け対策と同様に

 

幼児に対しても日焼け止めを使ったケアが大切となります。

 

 

腕や足など肌が露出している部分には

スポンサーリンク

 

日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。

 

 

 

また、帽子は忘れないように。

 

熱中症の予防にもなります。 首の後ろを覆うようになった帽子もありますね。

 

ベビーカーにかけられるシェードや 車であれば窓ガラスにUVカットフィルムを

 

 

 

はるなど 工夫してみましょう。

 

子供用の日焼け止めでは SPFは10~20程度で

 

PAは+1つのものが 肌への負担が小さくてオススメです。

 

 

 

皮膚が弱く、皮膚科にかかっている子供さんは 医師に相談しましょう。

 

また、「紫外線吸収剤」を含まないもの

 

を選びましょう。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

大切な子供さんをしっかりケアして 日焼けから守ってあげましょう。

 

もちろん、お母さんも日焼け対策はしっかり行いましょう。

 

 

1.子どもでも日焼けすると悪い?日焼け止めは必要?外出しない方がいい?

 

2.日焼けで赤くなる人と黒くなる人の違いは?紫外線の対策は?

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集