今年はインフルエンザ a型とb型が同時流行!予防接種はいつが効果的?

目安時間:約 4分

netuinu

 

インフルエンザのA型とB型って

普通、時期がずれて、流行していました。

 

しかし、今年はダブルで流行するとか・・・。

それでは、またA型とB型の違いと 予防接種の効果や

いつワクチンを 投与すると効果的なのかなどを ご紹介します。

 

  

スポンサーリンク

 

今年はインフルエンザ a型とb型が同時流行!

 

一般的に、インフルエンザの流行時期は

A型の香港型、AH1N1型は12月~1月に流行し

B型は、2月~3月に流行していました。

 

しかし、今年はB型が早めに流行するため

A型とB型と、両方に気を付けなくては なりません。

 

インフルエンザ a型とb型の症状の違いは?

 

インフルエンザのa型とb型は 流行る時期も違いましたが

症状も異なります。

だいたい、症状としては A型の方が重症です。

 

 

インフルエンザ A型の症状

 

インフルエンザA型の症状としては

◆40度近い高熱

◆肺炎を含む、深刻な呼吸器系の合併症

◆ものを飲み込むのが困難なほどの、のどの痛み

◆関節痛、筋肉痛

◆脳炎、脳症の合併症を引き起こすことがある。

 

 

インフルエンザ B型の症状?

 

毎年流行するA型と違って、インフルエンザB型は

だいたい2年に1度のサイクルで流行を繰り返していました。

 

しかし、最近ではB型も毎年流行するように

なっていったそうです。

 

人にしか感染しないし、

◆下痢や嘔吐

◆鼻水、鼻づまり

◆咳、たん といった感じの 症状になり、

発熱する場合もあるが、しない場合もあるため

 

A型に比べると 風邪との区別がつかなかったり

気付かない場合いが多いようです。

スポンサーリンク

 

 

インフルエンザの予防接種はいつが効果的?

 

インフルエンザのワクチンは

 

A(香港型)、A(H1N1型)

B型(山形系統)B型(ビクトリア系統)

 

全種類カバーが出来るものが入っているため

早めに予防接種を済ませておいた方が安心かもしれません。

 

予防接種をしておくと、

絶対インフルエンザを 発症しないわけでは、ありませんが

 

65歳未満の場合、7~9割抑えられ

65歳以上の場合、3~4割抑えられ また、

重症化を抑えるので、死亡率を 8割減らす事になります。

 

ワクチンの効果は、5ヵ月間有効とされています。

 

受験生など 「絶対この日にかからないように!」という場合は

5ヵ月間の効果が、足りない場合は

再度、ワクチンを投与する場合もありますが

 

普通は、予防接種は 一度で大丈夫です。

後は、インフルエンザ予防を 自身で、やっていきましょう。

 

また、インフルエンザって

水でうがいをしても効果が無いとか・・・

▼▼▼

>>インフルエンザ予防にうがいの効果は無い?コレをすれば感染しない!

 

>>インフルエンザウイルスにマスクの効果は?正しい付け方と外し方は?

 

 

 

インフルエンザまとめ

 

インフルエンザは、予防が一番大切です。

また、免疫を上げ

インフルエンザ以外の病気にも かからないように、

日々の生活の中で 気を付けていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集