インフルエンザ予防にうがいの効果は無い?コレをすれば感染しない!

目安時間:約 4分

ugai

 

インフルエンザが、毎年猛威をふるっています。

今年は、A型とB型がダブルで襲ってくるとか。

 

そんなインフルエンザの予防に かつては「うがい」は、当たり前でした。

しかし、数年前から変化が!

インフルエンザ予防のうがいの効果と

コレをすると、劇的に予防効果がアップする 方法をご紹介します。

 

 

  

スポンサーリンク

 

インフルエンザ予防にうがいの効果は無い?

 

インフルエンザの予防に、かつては 「うがい」は当たり前でした。

うがいは、口の中を清浄にします。

 

厚労省も、水でうがいをする事を 推奨していたのです。

しかし、ここ数年前から 厚労省は、

”うがい”を予防対策に載せていないのです。

 

 

その理由としては、厚労省の担当者が言うには

 

インフルエンザの場合

水でうがいをすることは、明らかな予防効果が

証明されていないというのです。

 

 

水による”うがい”は、風邪の予防には 効果があります。

しかし、インフルエンザでは 効果が

認められていないのです。

 

 

 

コレをすればインフルエンザに感染しない!

 

研究の結果 インフルエンザの予防対策として

”水でのうがい”ではなく、

”緑茶でのうがい”が効果が出ているのです。

 

※予防接種を受けた状態で ある研究をしていました。

 

 

それは、 「水うがいグループ」と「緑茶うがいグループ」に 分かれて

1日3回うがいするという 条件で、研究したのです。

スポンサーリンク

 

すると、「水うがいグループ」は インフルエンザ発症数が10%

 

一方、「緑茶うがいグループ」の インフルエンザ発症率は、1.3%

とっても、少なかったのです。

 

 

 

インフルエンザ予防の効果的な緑茶の活用法

 

インフルエンザの予防効果のある「緑茶」の効果は カテキンにあるのです。

上記で、緑茶のうがいが効果的と ご説明しましたが、

実は緑茶は うがいよりも、飲む方がいいのです。

 

 

そして、このカテキンなのですが

濃ければいいというわけでは、なく

濃さよりも、回数なのです。

 

 

濃いお茶をいっぺんで、飲むよりも

数回に分けて、いつも喉を潤いしておく感じが いいわけです。

 

また、「カテキン」がいいわけなので

緑茶で、なくても「紅茶」でもいいのです。

 

 

緑茶と、紅茶は茶葉は同じで

工程が違っているだけなので、同じ効果が あるわけです。

 

なので、ハーブティーやルイボスティーは 違うわけです。

 

※リラックスをするなど、他の効果は ありますけどね。

あくまでも、インフルエンザに関してです。

 

 

>>今年はインフルエンザ a型とb型が同時流行!予防接種はいつが効果的?

 

>>インフルエンザウイルスにマスクの効果は?正しい付け方と外し方は?

 

 

 

インフルエンザ予防のまとめ

 

インフルエンザに感染しないように 日々、緑茶をこまめに飲みましょう。

いつも、喉を潤していましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集