食物アレルギーの赤ちゃんの夜泣きがひどのは何故?注意することは?

目安時間:約 6分

babysyoku

 

わたしの孫は、二人ともが 食物アレルギーでした。

アレルギーって、赤ちゃんにとっては 命取りになる怖い事なのです。

 

夜泣きがひどかったのですが 食物アレルギーが原因だったのでしょうか?

また、注意が必要な食物アレルギーになりやすい食べ物と

症状についてご紹介します。

 

  

スポンサーリンク

 

夜泣きがひどいのはアレルギーが原因?

 

離乳食が始まって、食物アレルギーのある 赤ちゃんは

とっても大変です。

 

アレルギーの症状は、湿疹や呼吸器の異常や

お腹が痛くなったり、下痢をしたりなど

いろんなものがあります。

 

そんな、アレルギー症状が出ると

赤ちゃんは、不快で眠れずに夜泣きをしてしまいます。

 

うちの孫も、よく泣いていました。

初めは親も、夜泣きの理由がわからず 困っていました。

 

なので、理由がわからずに夜泣きをする場合は

アレルギーの可能性もあるということです。

 

 

食物アレルギーは成長したら治る?

 

うちの孫たちは、二人とも食物アレルギーでしたが

一生、アレルギー反応が出るというわけでは ありません。

 

成長に伴い、消化器官も成長しますし

免疫力もついていきますし 幼稚園を卒園し

小学校に上がる頃には

何でも食べれるようになりました。

 

治る時期は、個人差があると思います。

医師と相談しながら

子供を食物アレルギーから 守っていきましょう。

 

 

食物アレルギーで注意することは?

 

離乳食が始まったら、栄養があるからと

何でも食べさせては、いけません。

 

食物アレルギーになりやすい食べものは 注意し、

食べさせるのなら しばらくしてから

遅い時期に食べさせるようにしましょう。

 

 

食物アレルギーになりやすい食べ物は?

 

卵、牛乳、小麦、魚、魚卵などです。

うちの孫は、卵、牛乳、小麦でした。

 

お菓子も「乳」って表示してあるものは

食べさせられませんでした。

 

また、ピーナッツも早い段階で 発症しやすいと言われています。

ハチミツには注意が必要!

 

はちみつには、ボツリヌス菌が含まれている可能性があるので

スポンサーリンク

赤ちゃんに食べさせると 最悪の場合、命に関わることになります。

 

砂糖より、蜂蜜の方がいいからと ジュースに混ぜて、

飲ませて 6ヵ月の子供が、亡くなったこともあります。

 

ボツリヌス毒素は、121度で一定時間加熱すれば 死滅するとされていますが、

家庭の調理では難しいですよね。

一歳までは、絶対に食べさせないようにしましょう。

 

 

ソバは注意が必要!

 

子どもだけでなく、大人でも 「そばアレルギー」は、よく耳にすると思います。

ソバにも、アレルギー発症の可能性があるのです。

 

アナフィラキシーショックなどの 反応を起こしやすい食べ物なんですね。

 

私の友達が、そばアレルギーで うどん屋さんで、うどんを注文したのに

茹でる時に、蕎麦が少し混ざっていたらしく

お店の中で、倒れてしまい 救急車で運ばれ、大変な目に遭いました。

 

大人でさえも、大変な蕎麦アレルギーです。

子どもに与える時は、できるだけ 大きくなってから

食べさせるようにしましょう。

 

 

食物アレルギーは遺伝なの?

 

アレルギー体質は、遺伝の場合もあります。

私の母は、甲殻類のアレルギーで

私は、アトピー性皮膚炎です。

 

そして、孫は食物アレルギーです。

 

同じ食べ物のアレルギーとは限らず

なんらかのアレルギーとして、遺伝する場合が 多いようです。

 

 

少しずつ食べさせていきましょう

 

アレルギー反応が出るかもしれない食べものを

食べさせる時は まず、一口食べさせてみましょう。

 

一度にいっぱい食べさせないでくださいね。

一口で様子を見るのです。

 

食べさせた後、半日ほど様子を見て

何も異常が見られなければ 今後も食べさせて大丈夫です。

 

アレルギー反応が少しでも出たら

かかりつけの医師に相談してみましょう。

 

 

食物アレルギーのまとめ

 

食物アレルギーは、とっても大変です。

食べ物を与える時は、すっごく注意が必要です。

 

他の子供たちが、美味しそうに食べているものを

何でも食べさせてあげられないのです。

かわいそうですよね。

 

でも、アレルギー反応が出ると

もっと可哀そうなので 注意してあげましょう。

 

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集