高齢者は注意して入浴後だけじゃない!ヒートショックの原因と対策は?

目安時間:約 5分

ketuatu3

 

冬は暖房の効いた暖かい部屋と寒い部屋など

急激な温度変化によって 体への負担が大きくなり、

思わぬ事故へと つながります。

 

免疫力の低いお年寄りは、特に注意が必要です。

ヒートショックの原因と対策をご紹介します。

 

  

スポンサーリンク

高齢者注意ヒートショックとは?

 

ヒートショックとは、

急激な温度変化による 体への悪影響の事です。

 

体感温度が下がると、血圧は高くなり

 

ketuatu2

 

体感温度が上がると、血圧は低くなります。

 

 

ketatu2

 

 

急激な温度変化によって、この症状が急に出ると

高血圧の状態では、脳卒中 心筋梗塞 など

 

低血圧状態では、失神が起きる

危険性が高くなります。

 

家庭内で死亡する高齢者4分の1は

ヒートショック死と言うデータが上がっているほどです。

また、年々増加しています。

 

 

 

浴室だけじゃないヒートショックの注意!

 

室温が下がりやすい脱衣所や浴室は

ヒートショックに注意が必要です。

 

お風呂に入るとき

脱衣所の寒さと、冷え切った体で入浴する場合

 

温度差で血圧が急上昇し、心臓に大きな負担がかかります。

 

脱衣場と浴室の温度差は10度以上あっては、いけません。

また、心配なのは高齢者だけではなく

 

糖尿病や高血圧等の成人病の持病がある人

コレステロール値が高く、メタボリックの人なども

スポンサーリンク

 

急激な血圧の変化で、ヒートショックになってしまう

危険性があります。

 

 

寝室、廊下、トイレでの注意

 

脱衣所や浴室だけじゃなく、夜から朝にかけて

寝室からトイレの移動にも注意が必要です。

 

トイレでは、尿が体外へ排出することで

体温が下がるため、ヒートショックの危険が高まります。

 

 

【ヒートショックにようる事故例】

 

◆夜、トイレに行こうとし 布団から出ると、

寝室が寒かったため 急に血圧が上がって、

足元がふらつき、転倒、骨折

 

◆夜、こたつで温まった後 寝室に向かおうと、

廊下に出ると 廊下が寒かったために

急に血圧が上がって、脳卒中を発症

 

◆夜、トイレで用を足そうとしたところ

体温が下がって、血圧が上がり 心筋梗塞を発症

 

 

 

ヒートショック対策

 

ヒートショックによる事故は、温度差を 小さくすることで、

防ぐことができます。

 

トイレ使用時に、暖房などをつけ トイレの中を暖かくしましょう。

 

暖かい便座カバーをかけましょう。

 

排泄時に、いきむことで 血圧、心拍数が上昇し 体に負担がかかります。

     いきみすぎないように注意しましょう。

 

布団から出る時は、厚手の上着を羽織り 温かくしましょう。

 

高齢者は、一番風呂は止めましょう。

     浴室が冷え切って、お湯も入れたてで、熱いです。

     2番風呂以降ならば浴室は温まっていますし

     良い湯加減になっているでしょう。

 

 

ヒートショックのまとめ

 

ヒートショックは、高齢者だけでなく

誰にでも起こり得る症状です。

 

温度差をあまり感じる事がないように

気を付けて寒い冬を乗り越えましょう。

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集