高齢出産は先天性異常が増える理由は?出生前診断とは?

目安時間:約 5分

kourei

 

今、結婚する年齢が高い為 高齢妊娠・出産をしている人が増えています。

高齢出産となるとさまざまなリスクが伴います。

 

高齢出産が先天性異常が増えると言われる理由は何でしょうか?

また、出生前診断とはどのようなものでしょうか?

注意する点なども併せてご紹介します。

 

 

  

スポンサーリンク

 

高齢出産は先天性異常が増える理由は?

 

以前は、30歳以上を高齢出産としていましたが

現在では、日本産婦人科学会では35歳以上の初産

高齢出産(初産)としています。

 

「先天異常が発生する率」と「出生前診断によって流産が起こる率」が

交差する年齢が35歳なのです。

 

また、先天異常と高齢出産というと

母体年齢が高い場合を指している事が多いようですが

父親の年齢が高い場合の先天異常の発生もあるようです。

 

母親が35歳以上での妊婦の場合

父親の年齢が40歳以上だと、 24歳以下の場合に比べて

2倍のダウン症が出生したと言われています。

 

自然妊娠に適した年齢は20歳~35歳とされています。

妊娠力は20代から徐々に低下していき

35歳を過ぎると急激に衰えてくるのです。

 

若い頃に比べると母体と胎児へのリスクは高くなるのです。

 

 

高齢妊娠・出産で注意すること

 

上記のように高齢妊娠・出産にはリスクが高まるため

若い頃に出産する方がいいのですが

こればかりは、個々人いろんな事情があるため仕方はありません。

 

なおで、できるだけリスクを減らせるように

妊娠中や産後を十分に気をつけましょう。

 

 

 

    • 体重が増えすぎないように、体重管理をする。
    • ストレスをためないようにする。
    • 疲れないようにする。無理をしない。
    • 定期健診をする。

 

しかし、あまり心配し過ぎてもよくありません。

医療も進歩していますし、栄養もしっかりと摂れます。

 

心配し過ぎもストレスになりますので

楽しい穏やかな気持ちで、過ごしましょう。

 

私は、お腹の赤ちゃんに対して 「ありがとう、愛してるよ。」と

ずっと話しかけていました。

 

不思議ですが、このような言葉は赤ちゃんに伝わります。

また、母体にも影響されます。

 

 

スポンサーリンク

 

出生前診断とは?

 

出生前診断とは、胎児に先天性の病気や奇形、染色体に異常の可能性がある場合に

妊娠中に行われる検査・診断です。

 

しかし、出生前診断で全ての先天性異常が分かるわけではありません。

わからない方が、多いかもしれません。

 

一般的な妊婦健診でも超音波検査や心拍の確認

羊水について調べられますが

 

両方の家系で遺伝的な病気があるか

夫婦または 本人の希望があった場合に

出生前診断として詳しい検査ができるのです。

 

検査によっては、流産の確率も高くなりますので

検査を考えている人は、どこまで検査をするかなど

医師としっかり相談し、決めましょう。

 

 

 

 

高齢出産による先天異常のまとめ

 

いくら高齢出産とはいえ

全員が先天異常が あるわけでは、ありません。

 

医師としっかり相談し、納得したうえで 出生前診断を考えましょう。

 

また、前向きに明るくすることで 結果が変わってくることもあります。

お腹の赤ちゃんが、気持ちよく育つように

「ありがとう、愛してる」をたくさん言ってあげましょう。

 

 

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

カテゴリー
最新の投稿記事
 
株取引 用語集